書籍、発売!~第四集~

すっかり秋も深まり、朝晩は寒いぐらいになってしまいましたね。

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋・・と、この季節ならでは

何かに没頭されておられる方、満喫されておられる方も多くいらっしゃるかと思います。

そんな折。

私からは芸術の秋ということでひとつご紹介を♪

Skype_Picture201810201

CRAFT&FLOWER VOLUME Ⅳ

草土出版さんから、フラワークラフトの本が発売されました。

なんと

ありがたいことに

1ページ目から!

リボンローズが載っています(^^)/

フラワーキャンドル、カルトナージュ、花フェルト、カービングなど・・

18名のクラフト作家さんの作品が特集されています。

全国の書店で販売されていますのでぜひチェックくださいね。

さてさて気になる中身をちょこっとだけ・・♥

日本リボンローズ協会本部の和田と河村の力作です。

Skype_Picture2018100202Skype_Picture2018102003

実は、2017年に発売された『CRAFT&FLOWER VOLUME Ⅲ』にも掲載されています。

★★気になる方はコチラ→→書籍、発売!

リボンローズとしては2回目の書籍となりますが、

本のサイズも大きくなり、NEWアイテムばかりです。

1本の平たいリボンから生まれる薔薇の世界を感じて頂くことができる内容です。

Skype_Picture2018102004

一年前から、講師陣もずいぶんと増えました。

私も本帰国して活動の場はガラリと変わりました。

現在は特別イベントの講師活動が中心となっておりますが、

ほかの講師陣と共にリボンローズの魅力を広める活動を続けていきたいと思います

Skype_Picture2018102005

本部の意向もあり、私たち講師陣もSALON LISTに掲載していただきました(^^)

t_thavasa

広告

独占インタビュー!作品展レポート

11/3~5の間に開催されました

日本リボンローズ協会初の作品展2017リボンの薔薇作品展

たくさんの方にご来場いただき誠にありがとうございました。

日本リボンローズ協会設立4年目にして初の作品展の開催となりました。

三日間、絶え間なく

現在レッスン受講中の生徒さん、

作品出展者のご家族やお友達さん、

お世話になっておりますお取引先様、

遠方よりお越しくださった方も多くいらっしゃったとのこと。

わたしの大好きなリボンローズをたくさんの方々が楽しんで頂けたのではないかと思い

作品出展という形で参加できたこと非常に嬉しく思います。

ということで、作品展レポートをほかには無い、

独占インタビューも併せてお届けしてまいります!

日本リボンローズ協会RIBBON LOVERS“より。

^13EE2A64343FBD16F65A78CF046E6C6D20DF82F724E0B888B3^pimgpsh_fullsize_distr

Q1.「リボンローズの作品展」を開催しようと思ったきっかけは?

もともとリボンローズの作品展をしたいという思いはずっとありました。

きっかけは今年の春、初めて書籍販売することができたことでした。

そのときに掲載した作品を実際に皆さまに見て頂きたいという思いが強くなり

展示会場探し、日程調整と準備にとりかかっていきました。

^B84A5D58AF0B74FC78E3324EC51927D9AAADCD40D4B9699760^pimgpsh_fullsize_distr

会場入りし、すぐに美しい形のリボンローズの作品がずらり。

そう。

書籍掲載されたリボンローズアイテムたちが並んでおりました♡

その様子は次回のblogにてお届けしますので!

やはりメインの♡

RIBBON LOVERS“の新作品をご紹介いたします。

テーマはこちら★

44b7f6f7-81f7-4cda-8a7b-7f0df8bcaec2

代表和田&河村の共同作品です♡

22e0bca2-c367-4b78-aabd-dffc028b11c3

会場中央に展示されたウェディングドレスと3つのお城のようなケーキたち。

うっとり眺めてしまいますね。

ため息しか出てきません・・。

ふぅ♡

dress

Q2.どうしてこれらのアイテムにされたんですか?裏話もあれば、ぜひ!

もともと大きなウェディングケーキを作りたいねという構想案はありました。

ウェディングドレスのアレンジも。

実はこのウェディングドレス、代表和田が実際に結婚したときに使用したドレスなんです。

それをリメイクしていきました。

ケーキは、全体の展示バランスを考えていったときに

高さやデザインの異なるもの3つを作り上げることになりました。

ローズカラーは赤系3色。

サイズはLサイズ、通常サイズ、そして一回り小さいもの、の3種類。

2人で分担して作っていきました。

どのくらいの時間を要して作り上げたのですか?

仕上げ(セッティング)で丸二日ほど・・かなぁ。

ふたりで協議しながら進めていきました。

通常、販売アイテムやレッスンアイテムの企画は和田が担当していますが

今回の展示品は共同制作ということで、二人で意見を出し合い進めていったんです。

^1671762A380A9B1051EDE7E4562796B5D4E68920EB02EA2062^pimgpsh_fullsize_distr

Q3.来場して頂いた方の反応はいかがでしたか?

「リボンの薔薇で、こんなものを作ることができるんだ!」

「やっぱり、実物とblogの写真で見ていたのでは違うなぁと感じました!」

という意見が多かったです。

”驚き”が多かったと思います。

だからでしょうか、一人ひとりの滞在時間が長いなと我々は感じていました。

東京でのレッスンは全てのサンプルを持っていくわけにもいかないので

ふだん見ることのできないアイテムを見ることができて喜んでおられる方も多かったです。

そう、特に、土曜日の昼からは東京の生徒さんがたくさん来てくださいましたね。

遠方から来てくださった方も多かったのでうれしかったです。

Q5.では最後にー。これから、ひとつの節目でもある5年目に突入しますね。

今後の抱負をお聞かせ願います。

すぐに今回のような作品展(個展)を開くことは難しいかもしれませんが・・

実はたくさんのお声を頂いたことがありまして。

「東京でもぜひ作品展を開いてほしい!」です。

今後は「東京」と「大阪」でそれぞれこういった場を設ける、

ということも視野に入れていかなければならないかなと思っています。

認定講師も増えて教室開設数もどんどん増えてまいりました。

日本リボンローズ協会としてもより一層のステップアップをしていきたいと思っています。

と熱く語ってくださいました。

レッスン受講中の生徒さんはリボンローズのあらゆる可能性を学び、

そして講師陣はそれぞれの美しい形のローズやアイデアに刺激を受けたことでしょう。

わたしも多くの方のお写真やお話を伺い、感銘を受けました。

盛況の作品展レポートはまだまだ続きます。

次回をお楽しみに♡

t_thavasa

 

 

 

 

 

 

あと3日!この機会を見逃すな♡

日本におられるみなさまへ。

いよいよ、今週末となりました。

日本リボンローズ協会主催の作品展

「2017 リボンの薔薇 作品展」

11月3日(金)4(土)5(日)

10:30 ~ 18:30

siroiro.gallery(大阪市北区黒崎町14-4)

作品展2017日本リボンローズ協会初の試みです。

協会本部の代表和田、講師河村はもちろんのこと、

私も含め、協会認定講師の作品も展示されます。

どんな作品が並ぶのか・・私もまだ知りません。

何かしら決まったテーマもありません。

ただひとつ言えることはー

美しいリボンローズを生み出すため、

日々鍛錬している者たちの想いがたくさんつまった作品が一同に集まる

ということ。

なんだかワクワクしてきちゃいませんか?

さらに今回は、リボンローズ専門店RIBBON LOVERSのアイテムが販売されます♪

気に入った商品が、その場でGETできちゃうんです!

今回はその一部をご紹介♪

ミニブーケ(リボンローズとダリアの花束)

※実際の販売商品とはデザインが少々異なります※

e38397e38381e38396e383bce382b1efbc88efbdbbefbe83efbe9defbc89efbc8defbc91efbd88

リボンローズのイヤーフック(ほかアクセサリーも♪)

e382a4e383a4e383bce38395e38383e382af

リボンローズのファーチャーム(これからの季節に大活躍!)

e38395e382a1e383bce38381e383a3e383bce383a0e38394e383b3e382afe383bcefbd88

さらに・・!

サンプル品会場限定価格にて販売させて頂きます♪

可憐なリボンローズを

見て

触って

その場で購入できる貴重な3日間です。

入場無料。

リーフレットや入場券などは必要ありません。

お時間ある方はぜひこの機会にお立ち寄りくださいませ♡

t_thavasa

 

 

 

初開催!この機会を見逃すな♡

読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋・・

みなさまのはいかがお過ごしでしょうか?

ここミシガンではいよいよサイダーミル巡りが旬になりました♪

アップルサイダー”と呼ばれる搾りたて100%リンゴジュースと

ほわほわのドーナツが絶妙なハーモニーを生み出します。

ちなみにこのドーナツをちょっとリンゴジュースに浸して頂く。

これが、どうやら現地のツウな食べ方のよう・・笑

食べ物(というかりんご)の秋になりそうな予感がしておりましたが

いよいよビッグイベントが近づいてまいりましたのでご紹介を・・!

日本におられるみなさまへ。

どうぞ、この機会をお見逃しなく・・!

来る11月、日本リボンローズ主催の作品展が開かれることになりました。

作品展2017

「2017 リボンの薔薇 作品展」
主催:日本リボンローズ協会
開催日時:2017年11月3日(金)~5日(日)10:30~18:30
場所:siroiro.gallery(大阪府大阪市北区黒崎町14-4)

作品展2017地図

最寄り駅は中崎町になりますが、

梅田茶屋町からでも歩くことができますよ。

住宅地に位置するギャラリーですので、駐車場はございません。

お車でお越しの際はお近くのコインパーキングをご利用下さいませ。


今回の作品展は初開催でございます。

日本リボンローズ協会設立より丸4年を迎える11月初旬、

リボンローズを楽しみ、そして鍛錬している講師、生徒さまの作品が

ここ中崎町に集まります。

真っ白な空間が、色とりどりのローズで埋め尽くされることでしょう。

想像しただけで、エレガントでかわいい展示会になると思いませんか♡

残念ながらわたしはその場に赴くことはできませんが

作品は展示させて頂きます。

blogにもInstagramにも未発表の作品です♡

みなさま、手帳は開けて頂けましたでしょうか?

11/3(金)4(土)5(日)

バラマークをつけてください。笑

エレガントなリボンローズの秋を楽しんで頂ければと思います。

t_thavasa

 

 

 

 

 

 

 

書籍、発売!

8月ですがミシガンは比較的過ごしやすい日が続いていますね~

そんな中、レッスンにお越し頂きありがとうございます(^^)

引き続き、夏休み特別アイテム!ペンセットの受付も承っております。

詳しくはコチラ →→ 夏休み特別レッスン♪


さて。

今回は皆さまにご報告があります

^58F30BC5D97314E8877C6014F0529251F48DD23A0615F7E8E8^pimgpsh_fullsize_distr

Craft&Flower VOLUME Ⅲ

草土出版さんから、フラワークラフトの本が発売されました。

そしてその中に!

リボンローズが載っています(^^)/

さてさて気になる中身をちょこっとだけ・・♥

^B84A5D58AF0B74FC78E3324EC51927D9AAADCD40D4B9699760^pimgpsh_fullsize_distr

^125EF5FF0443B45972F0E0D4C1B9435756475FE608CF29E305^pimgpsh_fullsize_distr

リボンローズだけではなく、いろんな先生が集まって出来上がった本になります。

カービングキャンドルカルトナージュタッセルなど

お花をモチーフにした可愛らしい手作り品が載っています。

その数、実に13教室!

どれもみな個性があって、とても「習い事」レベルの手作り品とは思えません。

見ているだけでも癒されて、わくわくしてきちゃう・・♪

今回、リボンローズが載っている号は「」ですが、

「Ⅰ」も「Ⅱ」もお手にとって頂くのもいいと思います。

新しい趣味を見つけるきっかけになりますよ。

花と緑の専門書出版 草土出版 →→ http://sodo.co.jp/

^F0B3649CF23961E778DBD3915680F52BE03287DA20FDC9D18B^pimgpsh_fullsize_distr

日本リボンローズ協会は、本部校が大阪にふたつございます。

そのほか、認定講師の教室が埼玉大阪兵庫広島

東京名古屋へは本部校の講師が出張レッスンを行っております。

ちなみにわたしは「アメリカ」表記にしております。

「ミシガン」だと、えっと・・どこ??となるかもしれないので・・苦笑

t_thavasa

運命の出会い

人との出会いはもちろん、お洋服でもバッグでも靴でも、

自分の中で運命の出会いってありますよね。

私の中で、リボンローズとの出会いはまさにそうでした。

きっかけは、結婚式とパーティを行いたいと思ったこと。

情報収集のために手に取ったFREE MAGAZINE。

レイウェディング』 http://www.lei.ne.jp/h/client/lei_830/

サンケイリビング新聞社主催関西に特化した結婚式のコンシェルジュです。

リボンローズで手作りブーケ&ブートニア

え?

リボンでローズをつくるの?

自分でブーケがつくれるの?

生花じゃないってことは・・ずっと手元に残すことができるってこと?

ドキドキして

何度も何度も雑誌の1ページを見て、

すぐにHPもチェックして。

会場どうしよ~?とか忘れてた。

でもさ。

写真映えするだけなのかもしれない。

しょせん、リボンでしょ?

安っぽいのとか、品が無いのっていやだし。

だいたい、素材のリボンの質にもよるし。※元・文具雑貨メーカー勤務※

でも・・かわいいよね??

ちょうど、レイウェディング主催のイベントに出店されると知って。

期待と不安を胸に。ひとりで。閉幕間近。こっそり・・。

びっくりしました。

可愛い

上品

質感も、持った感じも、ふんわりして、まぁるくて

ローズに見える。っていうか、これ、間違いなく薔薇よね。

むしろ、リボンで作ったとは思えない!

わたし。

ものづくりを間近で見てきたこともあり、作り方だとか使用している材料だとか

わりとうるさいんです。

でも。

一目ぼれでした。

リボンローズ」のレベルの高さに感服したんです。

はっきり申し上げます。

リボンローズは、フォルムも色も質感も美しい手作りの薔薇です。

それから、こともあろうにしょっぱなから

本番用のブーケ&ブートニアづくりに勤しみ。

講師資格取得の道へ歩んでいったのはまた別の機会に・・(^^)

*ちなみに本部のRIBBON LOVERSは、

今月末1/29(日)大阪ハービスホールのレイウェディングのイベントも出店しますよ~*

t_thavasa

e38395e382a7e382b9e382bfe383bcefbc91

 

リボンローズのお店屋さん

ミシガンはここ最近また冷え込みましたね。

マイナス10度を下回ると、さすがに。

耳が。

ちぎれそう(@_@。

外出したくない・・という気持ちは、分からんでもない。。

でもそんなのおもしろくないっ!

そんなときはー

RIBBON LOVERS」 リボンラバーズ

http://www.ribbonlovers.com/index.html

わたしは可愛いリボンローズのアイテムを見て

癒されてます(^^)

コチラは日本リボンローズ協会が運営するリボンローズのお店屋さんです。

オーダーメイドの商品もあり

一部は「Creema」でも販売しております。

https://www.creema.jp/c/ribbonlovers

ウェディングブーケの販売から始まったRIBBON LOVERSですが

いまではヘアアクセサリーバッグ帽子など、アクセサリーも充実しています。

昨年6月には、大阪の京阪百貨店住道店の婦人服の実店舗にて

カゴバッグの販売もしていたんですよー!

わたしは都合がつかず、お店には伺えなかったのですが・・

こんな素敵なバッグ(しかも一点もモノ!)を見つけたら、

即買いしちゃいますね(^^)

t_thavasa

e07c8cc8ba28cd1d0ef37f2e77cc806a7020cf34726daae15epimgpsh_fullsize_distr

リボンローズのうみの親

「リボンローズはアメリカで習得したんですか?」

と、たまに質問されることがあります。

(^^)

答えは、

NO

です。

(^^)

今日は、リボンローズのうみの親・・いえ、両親の話をしようと思います。

日本リボンローズ協会

http://ribbons.p-kit.com/

和田愛女史と河村佳世女史の2人の女性が立ち上げました。

2013年11月11日設立。

大阪発祥。

針と糸を使わない、リボン1本で作り上げる独特の手法。

そう。

これは、

made in JAPAN どころか、

original from JAPAN なんです。

リボンメーカーさんが考案されたわけでもなく、

外国のMrs.NANTOKAさんから伝来されたものでもありません。

アメリカは手作り好きな方が多いですし、

フランスなんて古くからファッションの聖地でもあるのでリボンもたくさんあるのにね。

本部校 : Aアトリエ / Kアトリエ

通常レッスン、花嫁レッスンのほか、講師養成のレッスンも行われています。

歴代アイテムがたくさんならぶアトリエはまるで美術館。

季節ごとにアイテムも変わり、ほんとに可愛いんです。

そして、フォルムが美しい。

(わたしは毎回ため息です・・)

現在は東京、名古屋、福岡へ定期的に出張レッスンを行っており、

いよいよリボンローズも全国展開となりました。

ミリ単位の厳しい指導もありますが、

考案者からの直接のアドバイスは本当にためになります。

アトリエレッスンは少人数制ですのでゆっくり作品作りに没頭できます。

(そしてわたしは毎回長居する・・)

大阪近郊にお越しの際は、ぜひご訪問くださいませ(*^^*)

そして。

どうかみなさまこの作り方に誇りを持ってください。

だって。

世界中で一番綺麗に作れる手法は、日本人が考案したものなんですから。

次回のblogは、販売を行っている「RIBBON LOVERS」についてお話しようと思います♪

t_thavasa

blog-top2