独占インタビュー!作品展レポート

11/3~5の間に開催されました

日本リボンローズ協会初の作品展2017リボンの薔薇作品展

たくさんの方にご来場いただき誠にありがとうございました。

日本リボンローズ協会設立4年目にして初の作品展の開催となりました。

三日間、絶え間なく

現在レッスン受講中の生徒さん、

作品出展者のご家族やお友達さん、

お世話になっておりますお取引先様、

遠方よりお越しくださった方も多くいらっしゃったとのこと。

わたしの大好きなリボンローズをたくさんの方々が楽しんで頂けたのではないかと思い

作品出展という形で参加できたこと非常に嬉しく思います。

ということで、作品展レポートをほかには無い、

独占インタビューも併せてお届けしてまいります!

日本リボンローズ協会RIBBON LOVERS“より。

^13EE2A64343FBD16F65A78CF046E6C6D20DF82F724E0B888B3^pimgpsh_fullsize_distr

Q1.「リボンローズの作品展」を開催しようと思ったきっかけは?

もともとリボンローズの作品展をしたいという思いはずっとありました。

きっかけは今年の春、初めて書籍販売することができたことでした。

そのときに掲載した作品を実際に皆さまに見て頂きたいという思いが強くなり

展示会場探し、日程調整と準備にとりかかっていきました。

^B84A5D58AF0B74FC78E3324EC51927D9AAADCD40D4B9699760^pimgpsh_fullsize_distr

会場入りし、すぐに美しい形のリボンローズの作品がずらり。

そう。

書籍掲載されたリボンローズアイテムたちが並んでおりました♡

その様子は次回のblogにてお届けしますので!

やはりメインの♡

RIBBON LOVERS“の新作品をご紹介いたします。

テーマはこちら★

44b7f6f7-81f7-4cda-8a7b-7f0df8bcaec2

代表和田&河村の共同作品です♡

22e0bca2-c367-4b78-aabd-dffc028b11c3

会場中央に展示されたウェディングドレスと3つのお城のようなケーキたち。

うっとり眺めてしまいますね。

ため息しか出てきません・・。

ふぅ♡

dress

Q2.どうしてこれらのアイテムにされたんですか?裏話もあれば、ぜひ!

もともと大きなウェディングケーキを作りたいねという構想案はありました。

ウェディングドレスのアレンジも。

実はこのウェディングドレス、代表和田が実際に結婚したときに使用したドレスなんです。

それをリメイクしていきました。

ケーキは、全体の展示バランスを考えていったときに

高さやデザインの異なるもの3つを作り上げることになりました。

ローズカラーは赤系3色。

サイズはLサイズ、通常サイズ、そして一回り小さいもの、の3種類。

2人で分担して作っていきました。

どのくらいの時間を要して作り上げたのですか?

仕上げ(セッティング)で丸二日ほど・・かなぁ。

ふたりで協議しながら進めていきました。

通常、販売アイテムやレッスンアイテムの企画は和田が担当していますが

今回の展示品は共同制作ということで、二人で意見を出し合い進めていったんです。

^1671762A380A9B1051EDE7E4562796B5D4E68920EB02EA2062^pimgpsh_fullsize_distr

Q3.来場して頂いた方の反応はいかがでしたか?

「リボンの薔薇で、こんなものを作ることができるんだ!」

「やっぱり、実物とblogの写真で見ていたのでは違うなぁと感じました!」

という意見が多かったです。

”驚き”が多かったと思います。

だからでしょうか、一人ひとりの滞在時間が長いなと我々は感じていました。

東京でのレッスンは全てのサンプルを持っていくわけにもいかないので

ふだん見ることのできないアイテムを見ることができて喜んでおられる方も多かったです。

そう、特に、土曜日の昼からは東京の生徒さんがたくさん来てくださいましたね。

遠方から来てくださった方も多かったのでうれしかったです。

Q5.では最後にー。これから、ひとつの節目でもある5年目に突入しますね。

今後の抱負をお聞かせ願います。

すぐに今回のような作品展(個展)を開くことは難しいかもしれませんが・・

実はたくさんのお声を頂いたことがありまして。

「東京でもぜひ作品展を開いてほしい!」です。

今後は「東京」と「大阪」でそれぞれこういった場を設ける、

ということも視野に入れていかなければならないかなと思っています。

認定講師も増えて教室開設数もどんどん増えてまいりました。

日本リボンローズ協会としてもより一層のステップアップをしていきたいと思っています。

と熱く語ってくださいました。

レッスン受講中の生徒さんはリボンローズのあらゆる可能性を学び、

そして講師陣はそれぞれの美しい形のローズやアイデアに刺激を受けたことでしょう。

わたしも多くの方のお写真やお話を伺い、感銘を受けました。

盛況の作品展レポートはまだまだ続きます。

次回をお楽しみに♡

t_thavasa

 

 

 

 

 

 

広告

一年前の決意

実は、ちょうど一年前ぐらいに日本からミシガンへ遊びにきていました。

おうちの中では暖かくて裸足なのに

外に出ると豪雪で氷点下で夜はマイナス10度を下回り・・

いろいろ衝撃的でしたが氷の張った湖に降りてみたり

雪道を散歩して筋肉痛になったりと楽しかったです。

それから去年の7月に渡米を果たし、

ここの暮らしも半年を過ぎました。

さて。

初めての海外生活で、このアメリカの地で、

どうして吉田はリボンローズ教室を開講しようと思ったのでしょう。

「リボンローズがすき!」

「かわいいものを広めたい!」

それは、もちろん!!

ですが。

そもそものきっかけは、ひとつ。

一年前に見た、とあるカキコミ。

もうすぐミシガンへ来て1年になります。

主人は出張で家にほぼおらず、小さなこどもと毎日ふたり暮らし。

ただ、この暮らし全てに順応ができません。

この先まだ2年もあると思うと不安で不安でしょうがありません。

ウソか本当かは分かりません。

だけど、ね。

私はこの書き込みを見た時、居た堪れなくなりました。

同じ女性同士。

わたしはいま遊びで1ヵ月ほどアメリカに来ているだけで、

この地で生活することの厳しさ、大変さを解っていないだけなのかもしれないけれど。

本当に??

心が痛くなりました。

どうしても、どうしてもこの方を助けたくなったんです。

リボンローズは、身近にあるリボンでも作ることができます。

おうちで、テレビを見ながら、音楽を聴きながら。

針と糸を使わないので、小さなお子さんやペットがいる方でも

気軽にご自宅で楽しんで頂けます。

毎日しんどいな、きつくなってきたな、と思っている方がおられたら、

試しに、スタジオタバサへ来て頂きたいんです。

ですから、私の教室は少人数制でプライベート感を大事にしているんです。

幸い、去年の冬も今までも、ホームシックになったことはありません。

主人、親日家の隣人、そして時差の無いボストンにいる心友、

日本のリボンローズ愛好家の方々、日本の友人、家族、

そしてリボンローズをかわいい!やってみたい!

と来てくださる方々のおかげだと思っています。

t_thavasa

0489849976e411227768691418ce95a2d1e9481347c748c029pimgpsh_fullsize_distr

運命の出会い

人との出会いはもちろん、お洋服でもバッグでも靴でも、

自分の中で運命の出会いってありますよね。

私の中で、リボンローズとの出会いはまさにそうでした。

きっかけは、結婚式とパーティを行いたいと思ったこと。

情報収集のために手に取ったFREE MAGAZINE。

レイウェディング』 http://www.lei.ne.jp/h/client/lei_830/

サンケイリビング新聞社主催関西に特化した結婚式のコンシェルジュです。

リボンローズで手作りブーケ&ブートニア

え?

リボンでローズをつくるの?

自分でブーケがつくれるの?

生花じゃないってことは・・ずっと手元に残すことができるってこと?

ドキドキして

何度も何度も雑誌の1ページを見て、

すぐにHPもチェックして。

会場どうしよ~?とか忘れてた。

でもさ。

写真映えするだけなのかもしれない。

しょせん、リボンでしょ?

安っぽいのとか、品が無いのっていやだし。

だいたい、素材のリボンの質にもよるし。※元・文具雑貨メーカー勤務※

でも・・かわいいよね??

ちょうど、レイウェディング主催のイベントに出店されると知って。

期待と不安を胸に。ひとりで。閉幕間近。こっそり・・。

びっくりしました。

可愛い

上品

質感も、持った感じも、ふんわりして、まぁるくて

ローズに見える。っていうか、これ、間違いなく薔薇よね。

むしろ、リボンで作ったとは思えない!

わたし。

ものづくりを間近で見てきたこともあり、作り方だとか使用している材料だとか

わりとうるさいんです。

でも。

一目ぼれでした。

リボンローズ」のレベルの高さに感服したんです。

はっきり申し上げます。

リボンローズは、フォルムも色も質感も美しい手作りの薔薇です。

それから、こともあろうにしょっぱなから

本番用のブーケ&ブートニアづくりに勤しみ。

講師資格取得の道へ歩んでいったのはまた別の機会に・・(^^)

*ちなみに本部のRIBBON LOVERSは、

今月末1/29(日)大阪ハービスホールのレイウェディングのイベントも出店しますよ~*

t_thavasa

e38395e382a7e382b9e382bfe383bcefbc91

 

2017年の抱負

クリスマスと年末がとととーっと過ぎてゆき、

黒豆をくつくつ炊いているうちに新年となっておりました。

月日が経つのってほんとに早いものですね。。

思い起こせばちょうど1年前にリボンローズと出会いました。

もっと綺麗に作りたい。

もっといろんな作品を作りたい。

もっと多くのひとにリボンローズを楽しんでもらいたい。

そんな思いを胸に秘め、

2016年10月からリボンローズ教室 ”スタジオタバサ” を開講しました。

さて。

今年。

2017年の抱負は。

リボンローズの更なる美しさを追及する

みなさんと一緒に、自分自身も。

リボンローズって、奥が深いんです。

長らくリボンを触っていないと、手の感覚、力加減を忘れてしまう。

でも、1ミリずれるだけで、とっても美しい形になる。

日々精進。

もちろん、楽しみながら。

そして、2017年10月4日の1周年記念を、たくさんの方々とお祝いしたいです。

t_thavasa

2e99144c13ec419d826140dc4ddb0ca6cf899e030f27a77ea1pimgpsh_fullsize_distr